蜂退治を依頼できるところ【それぞれの機関の特徴とサービス内容】

蜂から赤ちゃんを守れ!家に蜂の巣ができたらすぐに対策を

危険な蜂に刺されないための対策

自宅のベランダに蜂の巣ができてしまうと、窓を開けたときに部屋に蜂が侵入してしまう恐れがあります。抵抗のできない赤ちゃんが室内にいればより危険です。そこで、蜂に刺されないための対策法を紹介します。

蜂から赤ちゃんを守るための対策をしておきましょう(駆除業者)

蜂から赤ちゃんの身を守るための対策法として、蜂が興味を示さない色の服を赤ちゃんに着させる、という方法があります。蜂は黒い色を好むので、明るい色の服を着させましょう。ちなみにこれは蜂だけでなく蚊を寄せ付けない効果もあります。外を歩くときには、肌の露出を極力控え、その上に風通しの良いタオルやカーディガンなどをかけてあげるとよいでしょう。

蜂退治を行なってくれる機関

国内に生息している蜂の中には、人間を死に至らしめる毒針を持つ蜂の種類もいるため蜂退治はとても危険です。蜂退治は、それを安全かつ確実にこなしてくれるところに依頼しましょう。 "

対応していないこともある

上の項で、蜂退治に対応してもらえる行政機関を紹介しましたが、被害状況や法律などの部分で条件を満たしていない場合、相談を受け付けるだけで駆除を土地の責任者に委任するケースもあります。また自治体や保健所などに依頼した場合、駆除作業を実施するのはこれらの機関ではなく委託された専門業者である場合がほとんどです。

TOPボタン