業者が選ぶ薬剤と市販品の違い【蜂退治に効果的なアイテムについて】

蜂から赤ちゃんを守れ!家に蜂の巣ができたらすぐに対策を

業者で使用している薬剤は危険度が低い

赤ちゃんのいる家庭でも安心

厚生労働省に認められている
害虫駆除に使われる薬剤には、赤ちゃんが口にしたら健康を害してしまう成分が含まれているものもあります。薬剤を購入する際は、「人体に影響が無い」と厚生労働省が保証している製品を選ぶようにしましょう。
自然素材で配合されている
害虫駆除に効果のある薬剤の中には、自然素材で配合されたものもあります。従来の薬剤のような嫌なにおいは一切せず、また人体や動物にも一切影響ありません。

市販の殺虫剤は安全性に問題あり?

ドラッグストアやホームセンターには、蜂退治に効果のある殺虫剤が販売されています。そのほとんどがピレスロイド系と呼ばれるものです。効果こそありますが、ピレスロイドは植物由来の成分であるため、使用することによって赤ちゃんがアレルギーを起こしてしまうこともあるのです。また、室内で殺虫剤を使うと、蜂だけでなく室内のダニをも殺してしまうことになります。ダニの死骸が部屋に残ると、それを無意識に吸い込んだ赤ちゃんがアレルギーを起こしてしまう可能性もあります。殺虫剤を使用した後は、すぐに拭き掃除をしたり掃除で掃除をしたりして、ダニの死骸が残らないようにしましょう。

市販のものを使うならピンポイントで狙う

スプレー

市販の殺虫剤を使用する際、蜂や蜂の巣だけでなく、その辺り一帯にやみくみに噴射する人がいます。このようなことをすると、殺虫剤に含まれた成分が大きく広がることになり、上の項で紹介したような室内での悪影響が起きたり、殺虫剤を無駄にしたりしてしまいます。蜂退治の際に殺虫剤を使用するときは、基本的に蜂及び蜂の巣にピンポイントで噴射するようにしましょう。また、殺虫剤を購入する際は、駆除したい種類の害虫を対象としている製品を選ぶようにしましょう。

TOPボタン